SILKLABO Guide - シルクラボの無料動画まとめ

【SILKLABO/シルクラボ】を余すことなくご紹介!シルクラボを無料で楽しもう!

*

人気AV男優である【一徹】がシルクラボ専属男優になった理由とは!?

time 2017/09/20

AV業界として初めての専属男優として活躍している【一徹】を語る牧野監督


リポーター「シルクラボが大ヒットした一つの要因として”一徹”さんの存在がありますよね?」


牧野監督「シルクラボは制作するにあたって『AVを見ている気分にさせてはいけない』というのをテーマにしているので、一徹さんみたいなAVっぽくない男優さんが不可欠だったんですよ。」


リポーター「当時、AV業界でも話題になっていましたよね。どうして専属男優にしたのですか?」


牧野監督「イメージを守るというのが理由ですかね。作品の内容によってはレイプものだったり、中出しだったり女性にとっては悪い印象の仕事もやるのが男優の仕事です。しかし、その一面を持ちながら女性向けAVに出演したとしても『女性に優しい』と言っても説得力がないですよね。」
「もう一つの理由は”シルクラボの顔”としてメディアに出る際に『女性向けAVメーカーの専属』という新しい肩書きが欲しかったからですね。」


リポーター「一徹さんはその意見に対してすぐに賛成してくれたんですか?」


牧野監督「最初はすごく驚いてましたけど、最終的には『面白そうだからやります』とOKもらいました。一徹さんは好奇心が強い人なのでメディアに出るっていうAV男優以外の仕事にも協力的でした。」


リポーター「一徹さんもですが月野さんもイケメンだし普通のAV男優っぽくないですよね。どこから見つけてきたのですか?」


牧野監督「私が2人に最初に会ったのはSOD(ソフトオンデマンド)の撮影現場でした。月野くんに関してはすごいイケメンで最初の頃は口数も少なくクールなイメージでした。だけど話していくうちに彼が天然な性格で実はおしゃべりだということもわかりました。」


リポーター「でもファンの方達は月野くんのキャラをわかってて受け入れてますよね?言い方が悪いですけど、演技力があまりないところ
もウケてますよね

牧野監督「ありがたいですね笑。一徹さんはイケメンで好青年だから一番初めに現場で会った時も、まさかAV男優とは思いませんでした。ただ顔が良いっていう男優さんはいますが、どうしても夜の匂いがする人が多いので、一徹さんみたいな爽やかなタイプの人は初めてでした。」


リポーター「一徹さんのその感じわかります!だけど、シルクラボだと女性が見るので女優さん選びも大変なんじゃないでしょうか?」


牧野監督「女優さんを選ぶのが一番難しいかもしれませんね。シルクラボを見て頂いてるユーザーさんはエロメンのファンなので、女優さんが”ぶりっ子”だったり”セクシー”すぎると嫌なんですよね〜。でも太ってたり、可愛くない女優さんを起用するのも『夢を見たくてシルクラボを見てるのに現実を思い出してしまう』って意見がでますね。」
「なのでAV女優という中では”地味なルックスと媚びないタイプが人気みたいですね”最近人気なのは友田彩也香ちゃん・大槻ひびきちゃんなんかですね。しかし可愛くて演技ができる女優さんが減ってきてしまい実は今女優不足なんですよ。最近はそれが悩みですね。」

ときめきをくれるエロメンの存在

リポーター「台本も男性向けAVとは違うんですか?」


牧野監督「男性向けの場合は基本的にセックス中心だから設定だけ決めてあってあとは紙1枚の台本なんてこともあります。けど女性向けAVの場合は妄想の世界になるのでセリフにも気を使って書いてますね。私は”韓国ドラマ”を参考にして『いいな〜』と思ったシチュエーションを取り入れたり工夫してますね。私だって女性なので恥ずかしい顔しながら台本と向き合ってますよ笑」


リポーター「シルクラボ作品は牧野さんの妄想が描かれているんですか?」


牧野監督「そんなことないですよ。私はおっさんが四畳半で汗だくだくになりながらヤッてる昭和感のあるセックスが好きです。だけどシルクラボ作品はそれとは全くの別物として作っているので、エロさよりもときめきを重視していますよ。」


リポーター「確かに作品を見ていてもときめき重視はよくわかります!おそらくシルクラボを見ている人たちはシルクラボ動画を『単なるオナニーのオカズ』としては見ていないんじゃないでしょうか?女性は男性とは違い、エロに対してお金を払おうとはしませんからね。」


牧野監督「今はネットで無料のエロ動画を簡単に見られるので女性はお金を出すことはしないんですよね。だからこそ私はエロ動画に”ときめき”という要素を付加価値として追加しました。彼氏や旦那がいても最初はときめきってありますが、長くは続かないですよね?かといって浮気や不倫はしたくない。そんな女性のためにときめきを提供できるのがエロメンだと考えています。」


リポーター「確かに。私も結婚してからエロメンにハマっています笑」


牧野監督「これは私の考えなんですが、女性って肉体的な快感よりも精神的な快感を求めていると思うんですよね。肉体的なものを満たそうと思えばオナニーで済みますし。でもみなさんそうだと思うんですが小さい頃は少女漫画やドラマなんかで”セックスよりも恋愛をすることの方が重要”と勝手に植えつけられていると思うんですよ。だからオナニーだけじゃ物足りなくて、ときめきで心の隙間を埋めてくれるのがエロメンだと思ってます。」


ときめきをくれるナンバー1エロメン【鈴木一徹】のシルクラボ動画はこちらから♡

SILKLABO Ch.のおすすめ☆